おしゃれな大人のワードローブ計画~ベーシックカラー~

人は日々決断をして生きています。

大それた決断ではなくても、小さな決断の積み重ねが今の自分をつくっています。

朝起きて出かける前に必ず決断すること。「今日は何を着ていこうか?」
必ず何かを纏わなくてはならない以上、この決断を毎朝迫られます。パジャマのままでは出かけられませんしね。

そこで便利なのがワードローブをパターン化すること。シンプルだけれどおしゃれなワードローブ計画、最初は基本の色についてです。

パターン化するためには、多くの色であふれているより、組み合わせのしやすい色でつくる方がいいですね。

組み合わせのしやすい色というのは、ベーシックカラーともいいます。「ベーシックカラーとは何色か?」というと色々考え方があるのですが、今回は私の分け方をお話しします。

ベーシックカラーって何?

ベーシックカラーってどんな色でしょう?
ちょっと中学校の美術の授業を思い出してみてくださいね。色には無彩色と有彩色がありましたよね。

無彩色

白と黒、白と黒を混ぜ合わせて作った色々な明るさのグレー

有彩色

白、黒、グレー以外の色全て

なので、ベージュもネイビーも、何色とはっきり言えないようなグレージュなどのニュアンスカラーやアイボリーホワイトなども有彩色です。

ベーシックカラー

一般的にベーシックカラーとは、無彩色ばかりではなく、ベージュ、ネイビー、ブラウンなど、あまり色味を感じない色のことを言います。
この色がワードローブの基本の色になります。

ブラウンと明るいネイビー

ブラウンをベーシックカラーに入れるかどうかは意見が分かれるところです。

わたしはその日の仕事によって、かっちりとしたスーツを着ることがあります。その場合、スーツにブラウンは選びません。ブラウンはおしゃれだけれど少しくだけた色とされています。あらたまったビジネスの場面では避けた方がいい色です。明るいネイビーも同じ印象があります。

ベーシックカラーを2つに分ける

そこで私はベーシックカラーを1次と2次に分けています。

ベイシック1次カラー

黒、濃いめのネイビー、グレー、ベージュ、白(アイボリーなども含む)

ベイシック2次カラー

カーキ、キャメル、ブラウン、明るいネイビー、インディゴブルー

お仕事によってドレスコードが厳しいところは、1次カラーをもっと絞っても良いかもしれません。逆にドレスコードにこだわる必要がなければ、2次カラーにある、よく使う色を1次カラーに足しても良いと思います。

顔映りの良いべーシック1次カラーでワードローブの基本を組む

ベーシック1次カラーの選び方

基本色

人それぞれ似合うベーシックカラーは違います。職種によってはビジネスウェアーの色に制限がある場合もあります。

まず、1次カラーの黒、濃いめのネイビー、グレー、ベージュ、白(アイボリーなども含む)の中から、ご自身の仕事や生活スタイルに合っていて、顔映りの良いベーシックカラーを2色選んで下さい。

例えば私の場合ですが…
基本は濃いめのネイビーと明るいベージュでワードローブを組みます。
セットアップ、コート、ジャケット、インナー、ボトムス、小物など、多くのアイテムをこの基本色で揃えます。

ネイビーとベージュの2色でもベーシックカラーコーディネートができます。

黒やグレーを着ると素敵になる方は、黒とグレーを基本色にするといいですね。

黒とベージュもスタイリッシュで素敵です。

ネイビーとグレー、それぞれに白を合わせるというのもありですね。

差し色としての白

スーツのインナーを含むトップスは白が中心。レフ板効果を狙います。

白はその他、差し色としてコーディネートに取り入れます。そこで白のボトムス、ジャケット、白小物を加えます。白は色がないので「色が抜けて」います。そこでコーディネートに「抜け」が出来ると言います。汚れやすいと言わず、インナー以外でもどんどんコーディネートに取り入れてみてください。

大人は柔らかいオフホワイトがおすすめですが、夏はきっぱりとした純白も爽やかですね。

締め色としての黒

どなたも冠婚葬祭用や仕事などの式典用には黒が必要です。

加えて黒はコーディネートを引き締める色として、何アイテムか加えます。

黒は無難な色ではありません。黒を喪服っぽくなく素敵に着こなす方はそう多くありません。「取り敢えず黒」から意志のある黒遣いをしたいものです。

コーディネートに少量の黒を加えるときゅっと引き締まります。

苦手なベーシックカラー

私はグレーの顔映りが良くないので、靴類、ベルトなど小物で取り入れるのみです。

苦手な色は無理に取り入れなくてもいいですし、小物には使いやすい色なので、顔から離れた小物で取り入れるといいですね。

ベーシック2次カラーの2つの働き

2次カラーには2つの働きがあります。

◆ベーシック1次カラーでコーディネートする時の効かせ色に使う。

◆カラーアイテムとコーディネートする時の馴染ませ色として使う。

2次カラーの選び方

ワードローブの他の色とコーディネートしやすい色をカーキ、キャメル、ブラウン、明るいネイビー、インディゴブルーの2次カラーから選びます。

例えば、私はキャメルが使いやすいので、小物、トップス、ボトムス、ワンピースなどで、キャメルを集めています。黒やネイビーと合わせるとスタイリッシュになるし、ベージュコーデではアクセントカラーになります。

よく取り入れる赤やターコイズの色物と相性がいいですし、アニマル小物が上品にコーディネートできます。

明るめネイビー、インディゴブルー、カーキ、ブラウンも同じように働いてくれます。他のワードローブと合わせやすく肌が生き生きとする色を選んで下さい。

さわやかマリンテイストは明るいネイビー

明るいネイビーは式典向きではありませんが、マリンテイストのようにさわやかで元気なコーディネートができます。

こなれた感じのインディゴブルー

インディゴブルーはブルーデニムの色です。本来は明るい藍色ですが、ブルーデニムであれば多少濃くても淡くても入れてしまいましょう。

インディゴブルーが入ると、途端にこなれた雰囲気になります。固いお仕事には不向きですが、カジュアルコーデには大活躍します。

インディゴより更におしゃれなカーキ

ブルーデニムのジーンズでもいいのだけれど、カーキのパンツにすると更におしゃれになります。

大流行のブラウン

昨秋から爆発的な流行のブラウン。今期は春色としても出てきています。

私の場合、ベーシック2次カラーはキャメル中心。カーキはベイカーパンツ1本、インディゴはジーンズとシャツ、ブラウンは秋の装い用に少し取り入れています。

ワードローブの7割から8割はベーシックカラーで

ベーシック1次カラーを中心に2次カラーを加えて、ワードローブ全体の7割から8割をこの色で組み立てます。

ベーシックカラーは含まれる色の振れ幅が広いです。例えば黄味を含んだベージュやピンクっぽいベージュなど、様々なベージュがあります。できるだけ同じ傾向の色味でそろえておくとコーディネートがしやすくなります。

まとめ

◇ベーシック1次カラーから2色を選びワードローブの基本色にする。

◇レフ板効果と差し色に白、冠婚葬祭用、締め色に黒を足す(基本色に白黒を選ばなかった場合)

◇基本色コーデの差し色になり、色ものの馴染み色になる色をベーシック2次カラーから選ぶ。

◇ライフスタイル、仕事のドレスコードによって1次2次の入れ替えあり。

◇ワードローブの7割から8割はベーシックカラーでつくる。

◇同じベージュでもさまざま。できるだけ同じ色味でそろえる。

Style Season 黒滝伊都子

 

 

12ヶ月のワードローブ

~ワードローブの育て方~

月に2回のおしゃれメルマガです。
季節感のあるワードローブづくりのコツや情報を、ポストカードのような美しい季節の画像を添えてお届けします。
それぞれのシーズンを心躍らせてお迎えください。